Py-GC / MS

Py-GC / MS

SHIMADZU製

熱分解ガスクロマトグラフィー(Py-GC)は,ポリマー,プラスチック,ゴム,塗料,染料,樹脂,コーティング,セルロース,木材,繊維などあらゆる形態の不溶性材料や複合材料の微量な試料を通常の前処理を行うことなく分析することが可能です。試料を直接導入,クロマト分離させるので,微量の試料で,他の手法では得難い特色のある詳細な情報を得ることができます。

 

FT-IRのみでは解析困難な複合材料の成分調査に対応致します。

 

事例:エラストマー

事例:ゴムの材質調査エラストマー


熱可塑性エラストマーは、合成ゴムと熱可塑性樹脂の間を埋める素材として注目されている材料です。加熱すると流動するため、容易に熱可塑性樹脂と同様の成形加工が可能であり、常温ではゴム弾性を示します。

分析委託業務の流れ

分析委託業務の流れ